あなたが見つけた日本の絶景「感動の瞬間(とき)」フォトコンテスト

JTBが、日本各地の希少性の高い「美しい」「感動する」風景を発掘し、認定しているものが「感動の瞬間(とき)」。
厳正なる審査の結果、「感動の瞬間(とき)」の新しい候補となるようなその土地ならではの風景写真が選ばれました。

秋冬の「感動の瞬間(とき)」結果発表


感動の瞬間(とき)ロゴ感動の瞬間(とき)とは季節や時間、天候が重なることで奇跡的に生まれる
その土地だけの景色・景観を、JTBが全国で発掘し、認定したもの。
2015年9月現在で248の風景が認定されています。

▼JTBが展開する「感動の瞬間(とき)」サイトはこちら
「感動の瞬間(とき)」®は㈱ジェイティービーの登録商標です。


※受賞作品は、2016年度「感動の瞬間」認定候補として、JTB国内旅行企画の選考委員会にて検討させて頂きます。
※ご応募頂いた作品は、「感動の瞬間」に関わる宣伝・広報活動に利用させて頂く可能性があります。

審査員

グランプリ(1作品)


伊藤 洋平 さん グランプリ入賞作品

伊藤 洋平 さん

作品タイトル

:境界線

撮影場所

:青森県 弘前市 弘前公園

撮影時期

:11月30日 午後7:00頃


【 応募時の風景についての入賞者コメント 】

桜で有名な弘前公園。実は、秋の桜もとても綺麗です。桜、もみじ、いろいろな木々が一斉に紅葉し、ライトアップされます。秋の夜、最高のデートスポットです。

【 JTB審査員コメント 】

城門を絵画の額縁のように見せている着眼点が素晴らしいです。また、撮影している城門の手前側とライトアップされ木々が赤や黄色に染まっている城門の奥側が、まるで異次元の空間のように見え、見ている側を幻想の世界に誘ってくれる感じがします。

準グランプリ(2作品)

derapan さん 準グランプリ入賞作品

derapan さん

作品タイトル

:地球の鼓動

撮影場所

:愛知県豊田市足助町

撮影時期

:11月4日 午後6:00頃


【 応募時の風景についてのコメント 】

ライトアップされた山はまるでマグマが噴き出してくるように見えました。すごかった!

【 JTB審査員コメント 】

通常の紅葉のライトアップとは異なり、紅葉で黄色に染まった木々が真黄色に浮かぶ上がった風景は、山が生きているような躍動感を創り出しています。また、一部残る緑の木々も黄色に染まった躍動的な色彩とは異にした絶妙のコントラストが素晴らしいです。

浅草岳 さん 準グランプリ入賞作品

浅草岳 さん

作品タイトル

:初雪に感動

撮影場所

:福島県下郷町 観音沼

撮影時期

:11月4日 午前7:00頃


【 応募時の風景についてのコメント 】

秋の紅葉時期がベストです。大体は10月20日前後が見ごろです。時間帯は早朝が一番です。朝日に輝く沼と紅葉の景観が最高です。

【 JTB審査員コメント 】

赤や黄色に色付いた麓の景色と、薄らと雪化粧をした山々の色彩が絶妙のコントラストを醸し出しています。また、晩秋の静かな早朝の湖面には、まるでその景色を鏡で映しているかのように、くっきりと同じ景色が映し出され、湖面も紅葉しているかのような錯覚さえ覚えます。

審査員特別賞(2作品)

小林 淳 さん 審査員特別賞入賞作品

小林 淳 さん

作品タイトル

:秋霞の中燃える

撮影場所

:岐阜県関市東田原

撮影時期

:10月24日 午前6:00頃


【 応募時の風景についてのコメント 】

岐阜県関市のコスモス畑にて撮影しました。撮影時は霧でしたが、もちろん天気の良い日も一面のコスモス畑は大変美しいです。別の区画には秋のひまわりが一面に咲き誇り「季節外れの共演」が巷で話題になっています。

【 むらいさち 審査員コメント 】

おめでとうございます!今回のテーマ「感動の瞬間」という言葉にぴったりの写真でした。コスモス畑は日本各地にありますが、時間やタイミングを選ぶことで、そこは「感動の瞬間」になるのだと思いました。コスモスの淡い美しい色と、霧の幻想的な感じが、ファンタジックですね。

大屋 昇 さん 審査員特別賞入賞作品

大屋 昇 さん

作品タイトル

:降雪後の三つ峠からの富士山

撮影場所

:山梨県富士河口湖町 三つ峠山

撮影時期

:2月6日 午前7:00頃


【 応募時の風景についてのコメント 】

降雪直後でないとこれだけの樹氷はなく、河口湖でこれほどの雪が降ることは1年に1度あるかどうかです。撮影地まで行くのには苦労しましたが、素晴らしい景色に出会えました。


【 川北茂貴 審査員コメント 】

時間がたてば木に積もった雪は落ちてしまうので、光のあたり具合と共にベストなタイミングと言えるでしょう。また朝日を浴びた富士山との対比も見事。まだ下界は陰なので、被写体が一層引き立ちます。降雪ではこの場所にたどり着くだけでも大変かと思いますが、その苦労が実った素晴らしい1枚です。

佳作(10作品)

マチャアキ・ノースフィールド さん 佳作入賞作品

マチャアキ・ノースフィールド さん

作品タイトル

:紅葉と四季(春秋咲き)桜

撮影場所

:愛知県豊田市小原

撮影時期

:11月27日 午前11:00頃

小澤 宏 さん 佳作入賞作品

小澤 宏 さん

作品タイトル

:中央アルプスを望む赤そばの里

撮影場所

:長野県上伊那郡 箕輪町中箕輪上古田
 赤そばの里

撮影時期

:10月3日 午前8時頃

深野 達也 さん 佳作入賞作品

深野 達也 さん

作品タイトル

:深山

撮影場所

:岐阜県高山市

撮影時期

:10月9日

尾形 雅信 さん 佳作入賞作品

尾形 雅信 さん

 

作品タイトル

:暁の銀河洞窟~春夏の胎動

撮影場所

:三重県熊野市 鬼が城

撮影時期

:3月25日 午前3:30頃

劉 泱 さん 佳作入賞作品

劉 泱 さん

作品タイトル

:遠見岬神社の階段ひな壇

撮影場所

:千葉県勝浦市 遠見岬神社

撮影時期

:2月20日

本多 俊生 さん 佳作入賞作品

本多 俊生 さん

作品タイトル

:ブルーに染まる時、白川氷柱群

撮影場所

:木曽 御嶽山麓

撮影時期

:1月29日

キッチャー さん 佳作入賞作品

キッチャー さん

作品タイトル

:夕日が鳥居のど真ん中で輝く絶景

撮影場所

:静岡県浜松市西区舞阪町 弁天島浜名湖

撮影時期

:12月9日

rei さん 佳作入賞作品

rei さん

作品タイトル

:猪苗代湖の風物詩“しぶき氷”

撮影場所

:福島県耶麻郡猪苗代町 猪苗代湖

撮影時期

:1月15日

山崎 寿彦 さん 佳作入賞作品

山崎 寿彦 さん

作品タイトル

:あわ飴を流し込んだかのような
 湖面上に浮かぶ雪の眠り

撮影場所

:長野県諏訪市諏訪湖河畔

撮影時期

:2月18日 午後4:00頃

菅野 修 さん 佳作入賞作品

菅野 修 さん

作品タイトル

:地面の霧氷

撮影場所

:宮城県 蔵王山頂

撮影時期

:2月末 午前12:00頃

 

審査員

むらいさち(うみカメラマン) 川北茂貴(夜景写真家)

むらいさち(うみカメラマン)

日本や世界の海を潜り、独特の優しい感性で写真を切り撮り、海だけでなく、地球のあらゆる場所で撮影を行なっている水陸両用カメラマン。現在は雑誌や広告を中心に、水中写真やリゾート、旅などをメインに、一年の多 くを取材先で過ごしている。著書に「きせきのしま」(小学館)などがある。

川北茂貴(夜景写真家)

大阪芸術大学写真学科卒業。
ストックフォトや旅行書籍の撮影で世界中を巡る中で、各地のきれいな夜景写真に触れ、自分でも東京で撮り始め夜景写真家として今に至る。カメラ雑誌を始め、書籍の執筆掲載は多数。日本写真家協会(JPS) 会員。キヤノンEOS学園東京校講師。

JTB国内旅行企画 選考委員5名

募集要項

● 募集テーマ

あなたが見つけた日本の絶景「感動の瞬間(とき)」秋冬

あなただけが知っている、そのとき、その場所でしか決して出会えない心揺さぶられる風景を、
写真とエピソードでご応募ください。
日本に現存するあまり知られていない「その土地ならでは」の本当に「美しい」「感動する」 景色・景観。
今回のコンテストでは、「10月~3月」に撮影した風景を募集いたします。
お住まいの地域でも、旅先で出会った風景でも、どちらでも可能です。
※コンテスト期間内に撮影したものでも、期間以前に撮影したものでもどちらでも構いません。

● 応募期間 2015年9月16日(水)~12月15日(火)

● 選考基準

以下のポイントで審査いたします。
・上記テーマに相応しい感動する「瞬間(とき)」を捉えた写真であること
・その場所に旅をしてみたくなる風景であること
・まだ広く一般に知られていない風景であること
※既にJTBが「感動の瞬間(とき)」として認定している風景は、選考の対象外となります。

▼JTBが展開する「感動の瞬間(とき)」サイトはこちら



エースJTBロゴ 感動の瞬間(とき)ロゴ


主催:株式会社JTB国内旅行企画
「感動の瞬間(とき)」®は㈱ジェイティービーの登録商標です。